声優

おすすめ声優養成所ランキング一覧!

声優を目指すなら、声優養成所、声優専門学校をどう選ぶか、これがその後の事務所やプロダクション、声優としての仕事に大きく影響します。本気でデビューしたいなら、養成所や専門学校選びは最重要ポイントといえるでしょう。

声優としての仕事は幅広く、声や表現力、もちろん本人の希望などに応じて、最適な仕事内容を選ぶ必要があります。卒業生の活動実績、どんな傾向の仕事が多いのか、卒業後の流れまできちんとチェックしておきましょう。

評判が高く、人気なだけでなく、活動実績、プロダクションへのつながりなどで「ここならおすすめ!」という声優養成所・専門学校をランキングしています。

有名声優さんが経営、卒業生に人気声優がいる、というのも考慮してかまいませんが、第一は自分に合う養成所・専門学校かという点を優先しましょう!

ここに通いたい!声優養成所・専門学校ランキングBEST10

1位:アミューズメントメディア総合学院(AMG)

・学内オーディション参加プロダクションがなんと75社

・専門学校なので学割や学生マンションなどが充実

・初年度は奨学金制度あり

有名俳優も輩出している声優専門学校です。専門学校は養成所と違って、事務所オーディションが受けられないのでは?と不安な方もいるでしょうか。AMGはなんと75社以上の事務所・プロダクションのオーディションを、学内で受けることができます。

専門学校なので、授業数も長く初心者の方も基礎から徹底的に身につけられます。もちろんアフレコなどの実践的な授業や、インターンシップによって在学中からプロの現場で仕事ができるのも特徴でしょう。経験は「芸歴」となり、声優の業界では何物にも代えがたいメリットとなります。

学内で受けられるオーディションの参加プロダクション数が多いので、アニメ、吹き替え、ナレーションなど幅広い道が進路として選べるでしょう。そのため、今どんな声優になりたいのか決意できない方も、学びながら決められます。

校舎所在地:東京都渋谷区

学ぶ期間:週5日全日制2年/夜間・日曜 基礎(半年)・研究(半年)・マスター(1年)

学費:244万円(全日制)

卒業生:柿原徹也/赤羽根健治/落合福嗣/加藤英美里/ランズベリー・アーサー など

提携事務所:(専門学校のため直接提携している事務所なし)ただし多数の事務所オーディションが学内で行われる

2位:インターナショナルメディア学院

・事務所所属審査は3か月に1回

・講師は現役声優陣揃い

・入所タイミングは毎月可

服部平次とベジータの声で有名な堀川りょうさんが校長である養成所です。随時入学が可能なこと(毎月入所できます)、週1回のレッスンで学業や仕事と両立しやすいこと、入所に年齢制限がないことなど、通いやすさ、レッスンの受けやすさが特徴となっています。

自社アニメ制作、声優イベントへの参加など、声優として実地体験しやすい環境が整っています。そのため、入所からごく短期間でのデビューも夢ではないわけですね。

校舎所在地:東京/名古屋/大阪/福岡/岡山/札幌など海外を含めて19校舎あり

学ぶ期間:2年が目安

学費:48万円~

卒業生:松井恵理子/佐藤祐吾/勝田詩織/鈴木愛奈/宮健一 など

提携事務所:IAMエージェンシー/アズリードカンパニー

3位:青二塾

・厳しさで有名だが実力のある卒業生をたくさん輩出

・1年で集中してレッスンを受けて結果を出せる

・演技の稽古に重点が置かれている

声優の古川登志夫さんが所長である声優養成所です。指導の厳しさ、基礎的な演技力を養う点など、昔ながらの養成所という雰囲気があります。また、週5日全日制のコースがありますので、「集中して学んでデビューへつなげたい」方に最適でしょう。

週3日コースもありますが、いずれにしてもついていくのがハードで、バイトできなかったという卒業生がほとんどです。入学する前に、入学金以外の費用などをきちんと準備しておく必要があるでしょう。

入所オーディションも3倍程度の倍率で、入れる人もあまり多くありません。また、青二塾を卒業したからといって、誰もが青二プロダクションに入れるわけでもないのです。

卒業生がそのままプロダクション所属になるのは、年によって異なりますが10%程度と覚悟しておいたほうがよいでしょう。

実績は高いものの、生半可な気持ちで入所すると続けられません。「1年間集中して学んで、無理なら違う進路をとる」という強い決意がなくてはならない養成所です。

校舎所在地:東京/大阪

学ぶ期間:1年

学費:110万円

卒業生:神谷浩史/中井和哉/置鮎竜太郎/小山裕香/井上美紀 など

提携事務所:青二プロダクション

4位:俳協ボイス

・ナレーターが多い

・レッスン時間が短いので未経験者には時間不足になることも

・所属審査までの期間は1年間

俳協ボイスはナレーターの仕事が多いので、アニメを中心でやっていきたいならあまり向いていません。ただ、老舗のプロダクションである俳協が運営しています。そのため、声優としての基礎力をつけて別事務所への所属を希望する方法もあります。

また、学ぶ期間が短めなので、早く声優としての活動をスタートしたい方には適しているでしょう。一方、初心者の方、技術が十分でない方なら、レッスン経験が足りないと感じるかもしれません。

自分でレッスンの復習をしっかりできる自信がある、別の養成所などで声優やナレーターについて学んだ経験があるといった方なら俳協ボイスは適しています。

校舎所在地:東京新宿

学ぶ期間:1年(半年で審査あり)

学費:30万円(スタンダードクラス+アドバンスクラス)

卒業生:関智一/大原さやか/池田秀一/皆川純子/岸尾だいすけ など

提携事務所:俳協

5位・81アクターズスタジオ

・事務所81プロデュース付属の養成所

・本科の年齢制限は26歳まで

・カリキュラムは1年半かかる

81プロデュースは、声優限定の事務所ではなく、俳優やタレントなども所属しています。声優の仕事自体も、アニメ、吹き替え、ナレーションなど幅広いのが大きな特徴です。アニメだけをしたい、ナレーションを中心でやっていきたいとはっきり決まっていない方にも適しています。

1年のカリキュラム後事務所所属オーディションがあります。ただし、所属オーディションに合格したとしても、半年間の研究生としてのレッスンを有料で受けないといけません。

さらに正所属のオーディションもあります。年齢制限も本科なら26歳、週1のクラスなら40歳程度までと決まっています。

校舎所在地:東京笹塚

学ぶ期間:1年(その後所属審査で合格すれば半年間研究生)

学費:本科78万円/週1クラス32万円

卒業生:高山みなみ/くまいもとこ/斉藤壮馬/三木眞一郎/関俊彦 など

提携事務所:81プロデュース

6位:日本ナレーション演技研究所(日ナレ)

・学生数が多い

・提携プロダクションも6社と多い

・コースは週1、週2、週3とあり希望に応じて選択できる

アニメの仕事が多いこと、また提携している6社の中にはアイドル声優が所属している事務所もあるため、その仕事を希望する方には適しているでしょう。吹き替え、ナレーション、ラジオの仕事は少なめです。

そのため、どんな声優になりたいのか、自分に適している声優の仕事はどんなものかを考えておかないと、日ナレでレッスンを受けても希望通りの将来とはならない可能性があります。

コースは週1、週2、週3と選べるので、仕事や学校と両立させたい方にも通いやすい養成所といえます。学費も低めなので、費用の面で声優養成所をあきらめるしかなかった方も通いやすいでしょう。

校舎所在地:東京(代々木、池袋など5か所)/大阪(梅田、難波、天王寺)/仙台/埼玉/千葉/横浜/名古屋/京都/神戸

学ぶ期間:原則2年以内

学費:週1コース30万円/週2コース46万円/週3コース60万円

卒業生:梶裕貴/林原めぐみ/椎名へきる/三石琴乃/佐倉綾音 など

提携事務所:アーツビジョン/アイムエンタープライズ/クレイジーボックス/VIMS/澪クリエーション/アライズプロジェクト

7位:アトミックモンキー声優・演技研究所(アト研)

・ほぼアニメ限定

・年に6回プロダクション審査

・飛び級もあるが正所属後もレッスンを積む傾向

1年、2年、成績優秀者の研究クラスなどに分かれています。年に6回もプロダクション審査がありますので、その結果によって飛び級でプロダクション所属となる場合もあります。

注意点としては、飛び級で正所属になったとしても、他の事務所では預かり所属として分類されるゼミ科というところでレッスンを積むケースが多いのです。

アニメの仕事が中心なので、他の仕事をしたい方には向いていません。また最大手事務所に比較すると、アニメの仕事も限定されています。

アトミックモンキーに所属後、アニメの仕事をずっと続けていけるのか、仕事の幅をどう広げるのか、なども考えておいたほうがよい養成所でしょう。

校舎所在地:東京麻布

学ぶ期間:2年間(1年経過後継続審査)

学費:46万円(週1)

卒業生:関智一/潘めぐみ/杉田智和/近藤浩徳/折笠富美 など

提携事務所:アトミックモンキー

 

8位:プロ・フィット

・アニメ関連に強い(レッスンもアニメがメイン)

・少人数制で徹底指導

・指導講師は現役声優

歴史の新しい声優養成所に分類されますが、有名声優を多数輩出しています。アニメに力を入れている事務所が系列となっているので、レッスンもアニメ関連が中心となりますし、事務所入所後もアニメのお仕事が多い傾向です。

週1回の養成所の中では学費が高い部類に入ります。また、基礎科から本科へと進む流れになっていますが、倍率は20倍程度になることもあり、かなり厳しい進級試験を乗り越えないといけません。

校舎所在地:東京

学ぶ期間:2年間(1年経過後に継続審査)

学費:34万円(基礎科)、36万円(本科) いずれも週1

卒業生:岡本信彦/石川界人/鬼頭明里/長妻樹里/茅野愛衣

提携事務所:プロ・フィット

9位:シグマセブン声優養成所

・週3コース

・歌、ダンスもカリキュラムに含む

・1年後の専科進級試験の合格率は50%以下

1年目の基礎科では、発声、滑舌などの基本から始まって、アフレコ、ナレーションなどの実践的な授業が進められます。

シグマセブンでは、週3回コースしかありません。歌、ダンスなどが授業に必ず組み込まれているので、幅広く活動したい方が基礎力をつけるのに適した養成所といえるでしょう。

気になる点は、1年後に基礎科から専科への進級試験が行われることです。進級試験では半分以上の人たちが、不合格となりそのまま退所となってしまいます。専科に合格した場合はさらに1年間の勉強が続き、卒業時の所属審査を受けることになります。

進級、卒業での一連の審査が厳しいので、入所する段階で覚悟と強い意志が必要でしょう。他には、声優事務所と同じ建物にある養成所なので、プロの現場を実際に目で見ることができるのは、シグマセブンならではのメリットです。

校舎所在地:東京赤坂

学ぶ期間:2年間(1年経過後に継続審査あり)

学費:60万円(基礎科1年目)

卒業生:水樹奈々/桃盛すもも/吉野博之/岩本規夫/安元洋貴 など

提携事務所:シグマセブン/シグマセブンe

 

10位:talk backケンユウオフィス

・外国映画吹き替えならおすすめの養成所→事務所

・学費は高め

・2年受講後も預かり所属扱いとなる

外国映画の吹き替えの仕事が多い、ケンユウオフィスというプロダクション運営の声優養成所です。堀内賢雄さんの養成所&事務所です。吹き替えの仕事をメインでやってみたいと希望する方には最適な養成所でしょう。

ただし、アニメ関連は他のプロダクションより少なめなので、要注意です。

本科で1年受講→進級試験→研修科で1年受講→所属試験→ケンユウオフィス預かり所属という流れです。預かり所属の場合は、毎月1万円の月謝で養成所に通わないといけません。正所属となるまでの期間が、長いと感じる方もいるかもしれません。

注目したいのは、過去声優事務所に所属していたけれど退社してしまった方を対象にしたリトライ科がある点です。再度どうしても声優として

デビューしたい!以前の事務所と相性が悪かった、こんな方にチャンスがあります。リトライ科では10ヶ月のレッスンの後所属審査という流れです。

校舎所在地:東京世田谷

学ぶ期間:2年(1年経過後継続審査あり)

学費:39万円(本科)、24万円(研修科)、25万円(リトライ科)

卒業生:飯塚雅弓/戸田めぐみ/奈良徹/矢口アサミ/下妻由幸 など

提携事務所:ケンユウオフィス

11位:マウスプロモーション付属俳優養成所

・演技派声優ならここ!

・18歳から27歳限定

・未経験者不可

青二プロダクションと同じ程度の厳しさで有名な養成所です。とにかく演技力優先なので、歌やダンスもやりたい方なら違う養成所を選ぶべきです。

また年齢制限も厳しく27歳まで、1年以上の演技の基礎訓練があることが受験条件となっているので、誰でも入所できるわけではありません。

吹き替えの仕事が中心で、アニメ系の仕事もあります。ただし、演技力や表現力の点からみても、外画吹き替えをやっていきたい人に適した養成所でしょう。事務所の所属声優は多くありません。やはり、養成所から所属になる倍率はかなり厳しいと考えておいたほうがよいでしょう。

校舎所在地:東京新宿

学ぶ期間:2年間(1年経過後継続審査あり)

学費:39万円(1年目)

卒業生:田中敦子/沢城みゆき/小野大輔/浜田賢二/五十嵐裕美 など

提携事務所:マウスプロモーション

12位:アクセルゼロ

・養成期間が3年

・現場をよく知ることができる

・学費が高め

人気声優森川智之さんが設立した声優養成所です。できてあまり期間は経っていないため、有名な現役声優などがさほどいません。ただし、講師は現役声優、プロデューサー、脚本家なので、学びながら現場をよく知っておきたい方には適しています。

気になる点は、週1ペースで他の養成所よりも学費が3割から4割程度高いところでしょうか。また、1年、2年の養成所や専門学校が主流の中、3年間というのは長めです。

3年目はマネジメントの対象になるのですが、それでも学費は必要です。3年目に上がる進級テストでは、4倍程度の倍率でふるいにかけられます。

結果が出なかった場合に、1年から2年ほど他の養成所よりも長く費やしてしまう可能性を忘れないようにしましょう。

早く思い立ったら、若い年齢でデビューするほうが良いと言われているのが声優です。この期間を無駄と感じてしまいそうなら、1年ではっきりと結果が出る養成所を選んだほうがよいでしょう。

校舎所在地:東京新宿

学ぶ期間:3年(1年ごとに進級審査)

学費:48万円(1年目)、38万円(2年目)

卒業生:君島哲/七瀬彩夏/工藤雅久/福原かつみ/白川愛実 など

提携事務所:アクセルワン

13位:ぷろだくしょんバオバブ付属養成所B.A.O

・優秀者は入所金を一部免除

・飛び級で事務所所属となる可能性もあり

・15歳以上から入所可能

2年の養成期間があります。ただし、入所後1年で事務所所属となる飛び級制度もあるので、より早く実力をつけてデビューを目指したい方には適している養成所です。

系列の事務所であるぷろだくしょんバオバブは、以前に有名声優が多数移籍した経緯があるため事務所の運営に不安が残るという声もありました。

所属する事務所によって、声優としての仕事内容や、業界での活動の仕方が大きく変わることもあります。その点をきちんと考えて、事務所も含めた養成所選びをしましょう。

校舎所在地:東京新宿

学ぶ期間:原則2年(飛び級制度あり)

学費:34万円(1年目)、27万円(2年目)

卒業生:水島大宙/児玉明日美/金元寿子/後藤邑子 など

提携事務所:ぷろだくしょんバオバブ

14位:クレアボイス

・養成所としての歴史は浅く規模は小さめ

・毎年養成所の募集があるわけではない

・2年の養成期間(飛び級制度はあり)

2014年にできたばかりの、事務所直属養成所です。1年目はスタンダードクラス、審査を受けてステップアップクラスへ進むか、飛び級で事務所所属となります。ただし未経験者にとって所属となれる可能性はかなり低く、ステップアップクラスでレッスンを受ける前提でいたほうがよいです。

クレアボイスは事務所も小規模で、声優もたくさん所属していません。そのため、毎年養成所で学ぶ方を募集しているわけではないのです。

募集のタイミングを待つよりも、他の養成所候補も挙げておくほうがよいでしょう。中学生から受け付けていますが、30歳までと限定されています。

校舎所在地:東京新宿

学ぶ期間:2年間(1年経過後に進級審査)

学費:30万円(週1)、40万円(週2)

卒業生:菅原慎介/原田彩楓 など

提携事務所:クレアボイス

15位:プロダクションエース演技研究所

・マンモス養成所

・授業の内容はバラエティ豊富

・アニメ出演本数は少なめ

とにかく入所する人が多く、30人単位のクラスが8~9クラスほどもあります。マンモス養成所なので、指導はおおまかなのでは?と気になりますが、丁寧な指導には定評があります。進級、所属審査の後に個人面談を行い、不合格の理由などをきちんと分析してくれます。

授業も、声優としての勉強に加えて、ダンス、フリートークなど幅広い仕事を可能にする内容となっています。週2回のレッスンがありますが、授業時間が未経験者の方にとっては少なく感じることが多いです。

事務所所属後は、アニメの出演は他の事務所と比べてあまり多くありません。外国映画の吹き替えを中心でやっていきたいなら、おすすめの事務所です。

校舎所在地:東京恵比寿

学ぶ期間:1年間

学費:47万円

卒業生:花園愛美/平井貴大/丸山智行/竜門睦月/木村涼香 など

提携事務所:プロダクションエース

16位:スクールデュオ

・内海賢二さんが会長のプロダクション直営

・教育方針なども厳しいため未経験者にはハード

・大手事務所の付属

有名声優が会長を務めるプロダクションの付属養成所です。通常は、養成所卒業時に事務所所属審査を行い、10%~30%程度の卒業生が晴れて声優デビューの道を進めます。

ところが、スクールデュオでは所属審査が大変厳しく、所属声優が全くいない結果となっても問題ないという方針です。つまり、所属審査の合格率が0%という事もあり得るわけです。

入所試験はあまり難しくないといわれていますので、入所後の努力や才能が花開くかなどが最終的に声優になれるかどうかの分かれ目となります。声優事務所としては大手となり、仕事は豊富にあります。その分、養成所内での審査が厳しい点は注意が必要です。

声優養成所では、進級や所属ができなかったときには、退所となってしまいます。別の養成所へ進む方法もありますが、その分の期間が余計にかかるわけです。養成所に入ってみなければわかりませんが、最短コースを目指しているなら、所属審査までのレッスン期間を把握しておきましょう。

校舎所在地:東京渋谷

学ぶ期間:3年(1年ごとに審査あり。飛び級制度もあり)

学費:30万円(基礎クラス)、40万円(レギュラークラス)、69,000円(アッパークラス・3ヶ月毎)

卒業生:浅利遼太/伊藤静/小橋知子/阿部敦/下田レイ など

提携事務所:賢プロダクション

17位:よこざわけい子声優・ナレータースクール

・入所期間は2年

・中学生以上から入所可

・超有名声優の直接一貫指導

初代ドラミちゃん役のよこざわけい子さんが代表となっている声優スクールです。代表本人から直接一貫レッスンを受けられます。また、マンツーマンレッスンも行われています。さらに、田中真弓さんのレッスンも不定期ですが受けられることが大きな特徴です。

年齢制限が低めですから、高校卒業まで待たずにすぐに声優の勉強を始めたい方にも適しています。

学費も週1コース、週2コースともにずば抜けて高いわけではありません。通いやすいと感じる方も多いはずです。プロダクションであるゆーりんプロへの合格率は20%程度といわれています。

養成所から所属審査に受かったあとも、無料でフォローとなるレッスンを行っています。未経験でもやる気がある方にとって安心感が高いシステムです。

校舎所在地:東京赤坂

学ぶ期間:2年

学費:20万円(週1)、30万円(週2)

卒業生:池田祐子/小林裕介/高塚智人/村上奈津実/汐谷文康 など

提携事務所:ゆーりんプロ

18位:代々木アニメーション学院

・声優コースはタレント科やアニソン科など科が多い

・学費が高め

・養成所よりもやる気がない学生が多い可能性あり

有名声優も多数輩出している有名声優専門学校です。科としての歴史もしっかりしていますし、カリキュラムも充実しています。ただし、最近の傾向としてすべての学生がやる気が溢れているわけではない点が気になります。

養成所のようにオーディションを勝ち抜いたり、途中で進級テストがあったりするわけではないため、なんとなく通っているという人も少なからずいます。

また学費も卒業までに264万円以上と、専門学校のなかでも群を抜いて高額です。有名声優の講師陣、秋元康さんやつんくさんといった有名人のプロデュースという点からも、授業料などの高さは納得なのかもしれませんが、結果と結び付けられるかどうか、この点をきちんと考える必要があるでしょう。

学内でオーディションが行われる点は、アミューズメントメディア総合学院と同様ですが、年に2回に事務所が合同で行うものなので、チャンスが少なめとなってしまいます。就職サポートの点も比較しておいたほうがよいですね。

校舎所在地:東京千代田区、大阪、名古屋など8キャンパス

学ぶ期間:2年

学費:2,640,000円(入学金、授業料などを含めて卒業までの目安額)

卒業生:水樹奈々、櫻井孝宏、田村ゆかり、鈴村健一、中村悠一 など

提携事務所:専門学校のため提携事務所はありませんが、年に2回事務所合同オーディションが行われます

声優専門学校や声優養成所の比較

学費だけではやはり声優専門学校や養成所の比較は十分ではありません。入学・入所から卒業さらに事務所へ所属するまでをトータルで比べることが重要になります。

各養成所や専門学校のサイト、パンフレットを取り寄せる、見学や体験するなど、文字情報以外の具体的な情報も積極的に収集することをおすすすめします。